トートバッグ
tote bag
ショルダーバッグ
shoulder bag
リュック
backpack
ボディバッグ
body bag
ウォレット
wallet
革小物
leather goods
メンテナンス
maintenance
その他
others
全て見る
view all
トートバッグ
tote bag
ショルダーバッグ
shoulder bag
リュック
backpack
ボディバッグ
body bag
ウォレット
wallet
革小物
leather goods
メンテナンス
maintenance
その他
others
全て見る
view all
絞り込み (1)

1商品を表示

イライラを解消する“上下2部屋構造”リュック|ナイロン製オニベジ(R)【seowU[セオウー]|ナイロン製オニベジ(R)】
おすすめ
新商品
在庫切れ

SKU: swu-zz-ob-zz-01-brw

公開状況: (8 個)在庫あり

商品の種類: リュック

種類: オニベジseowU

もう財布は探さない! イライラを解消する“上下2部屋構造”リュック ※オニベジ、Onibegie、Onibegie(ロゴ)は、小松マテーレ(株)の登録商標です。 リュック界の革命児としてファーストロットの販売では、クラファン達成率1283%を叩き出した大人気リュックseowU[セオウー]が素材を変えて帰ってきました。 新バージョン【ナイロン製OnibegieⓇ】は、カジュアルで優しいナチュラルカラーを揃えています。 ①上下2部屋構造で荷物を簡単整理。リュックの悩み「取り出しにくさ」を解消! ②全面開口のロングファスナーで、左右どちらからでも荷物を取り出しやすい! ③ナイロン製OnibegieⓇ使用。捨てるものを再利用して染めたナチュラルカラーはカジュアルスタイルにマッチ リュック派のあなたはこんな悩みを持ったことありませんか?... リュックは荷物を取り出しにくい!! イライラしながら荷物を探すムダな時間に、終止符を打つべく開発されたのがこのseowU[セオウー] 物の取り出しを始めとするリュックに関わるすべての行動がなめらかでスマートに! スリムでクール!見た目とは裏腹な大容量リュックが、どうして「取り出しやすい」のか? リュック派のあなたにぜひ使って欲しい!!リュック界の革命児をご紹介します! リュックが好きで、リュックとなると熱くなってしまうカバン屋の社長が、昔から大好きな上下2部屋構造のヴィンテージリュックをブラッシュアップして、画期的に「取り出しやすい」デザインへと蘇らせました。 seowU[セオウー]は、上下2部屋構造で、荷物を定位置に収められ、ワンアクションで「取り出したいもの」に、アクセスできます。今までに使用した素材は・堅牢なコーデュラバリスティック®︎ナイロン ・自社開発の撥水レザー「アリス」 など、ビジネスユースに向けた素材を選んできました。 今回は、カジュアルに使いやすい天然成分配合ファブリック「ナイロン製Onibegie®(オニべジ)」を選び、カラーバリエーションもナチュラルで普段使いにおすすめのリュックが完成しました。 機能性の高いリュックでありながら天然色素を使ったナチュラルカラーのナイロン製OnibegieⓇは、使う人を優しい印象にしてくれます。 優しさは見た目だけではありません。 国内で生産された植物の搾りかすや皮など、食品として使う事の出来ない部分を染色原料として再利用することで、地球環境にも優しい素材がナイロン製Onibegie®(オニベジ)です。 「自社製品に妥協点はなし!」のカワニシカバン社長が手がけたseowU[セオウー]は、上下2部屋構造で、荷物を定位置に収められ、ワンアクションで「取り出したいもの」に、アクセスできます。今までに使用した素材は・堅牢なコーデュラバリスティック®︎ナイロン ・自社開発の撥水レザー「アリス」 など、ビジネスユースに向けた素材を選んできました。 今回は、カジュアルに使いやすい天然成分配合ファブリック「ナイロン製OnibegieⓇ」を選び、カラーバリエーションもナチュラルで普段使いにおすすめのリュックが完成しました。 機能性の高いリュックでありながら天然色素を使ったナチュラルカラーのナイロン製OnibegieⓇ(オニベジ)は、使う人を優しい印象にしてくれます。 優しさは見た目だけではありません。 国内で生産された植物の搾りかすや皮など、食品として使う事の出来ない部分を染色原料として再利用することで、地球環境にも優しい素材がナイロン製Onibegie®(オニベジ)です。 摩擦や摩耗に強いナイロンでありながら、天然染色による奥深く豊かな色合いと、高い機能性を兼ね備えた当社自慢のリュックをご覧ください。 リュック派が長年抱えていた悩みの1つが、荷物を「取り出しにくい」こと! なぜなら、大容量の縦長スペースに上から順番に荷物を詰め込むと、下の荷物が埋もれ、さらに背負って動く事で、荷物がこちゃごちゃに混ざりあってしまうから。 そこでリュックの中を上下に仕切り「2部屋」にして荷物を定位置にしまうことができるリュックを開発しました。 《上の部屋》「重い荷物」を収納 体感が変わるパッキング術 上の部屋には、荷物の中でも重いものを入れておきます。 パッキングの基本は、リュックの上と、背中側に重い荷物を収納すること!   リュックは、荷物の入れる場所によって重さの体感が変わってくるので、この基本を抑えておくとリュックを背負った時に、荷物を軽く感じることができます。 上の部屋には水筒やペットボトルなどの重い荷物、三脚・PCの充電器・モバイルバッテリーなどの収納がおすすめ。...

¥36,900
ブラック
ブラウン
ダークピンク